健康の第1歩は朝食から!!②

<朝食の効果>
①脳の働きを活発にする
 脳の栄養はブドウ糖です。朝食をとって脳にも栄養を送ってあげると集中力が高まります。
②体温を上げる
 特にたんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品)が体温を上昇させる効果があります。
朝食をとって体を目覚めさせましょう。
③便秘の解消
 朝食をとることで朝から胃腸の働きが活発になります。
④生活・体のリズムを整える
 朝食を抜くと体も脳も目覚めないままムリに活動させることになります。また、昼食や夕食の1回の摂取量が増えたり、余分な間食をして太りやすい食習慣がついてしまうこともあります。

朝食は「食欲がわかない」「めんどくさい」「時間がない」からムリ…。
という方にオススメの朝食はコレ!!

主食

 
炭水化物:ごはん、パン 等
 消化吸収されたブドウ糖は脳の栄養となります。
 主食(でんぷん)は砂糖、菓子、ジュースよりも消化吸収がゆっくりなため、血糖の上昇が緩やかで、さらに腹持ちが良いです。
注意!!甘いパン(あんぱんやメロンパン等)は主食ではなく、お菓子です。糖質や脂質が多く、腹持ちが悪いため、朝食には不向きです。

具だくさんスープ


たんぱく質:肉・魚・卵・大豆製品・乳製品 等
 体温を上昇させる効果。(脂肪分の多い食材もあるため、食べ過ぎに注意が必要。)
ビタミン・ミネラル:野菜・果物 等
 体の調子を整える効果。(果物は糖分が多いので、食べ過ぎに注意が必要。)
水分:スープ 
睡眠中に呼吸や汗で約500ml失われます。水分補給をしましょう。

簡単にできる具だくさんスープ レシピ!!

を次回更新します。